ブログトップ

暇つぶし

yuutapopo.exblog.jp

暇なときの囁き

<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

23日銀座に出かけました。
映画「SAYURI」を観賞(チャン・ツイが良かった)。この日、小泉首相もこの映画
を観た事をニュースで知った。

食事後、銀座近辺のツリー・イルミネーションを探してみました。

1.ソニービルのツリー
 定番のシャネルのツリーが今年も健在。
c0007266_23501126.jpg


2.和光のディスプレー
 去年の方が良かった。これは、トナカイ?
c0007266_23522621.jpg


3.御木本真珠のツリー
 嬬恋から運んできたもみの木だって
c0007266_23551758.jpg


4.阪急でサンタに遭遇
 女性のサンタも有り???
c0007266_23563173.jpg


5.東京ミレナリオ
 せっかくここまで来たのだから、丸の内のミレナリオを観なくてはと思い足を延ばした。
 今年は、人出が少なく、もう廃れたのかと思ったが、案内板を観て愕然とした。
 「えっ、明日から」・・・・・・・・「事前に計画を」どこかのコマーシャルが聞こえてきた。

c0007266_072334.jpg

[PR]
by yuutapopo | 2005-12-24 23:54 | 暇つぶし
 定年になった夫が常に家にいるようになったことで、妻が、強いストレスを感じ、
体に変調を来すことがある。黒川内科(大阪府)の黒川順夫院長(心療内科)は、
こうした症状を「主人在宅ストレス症候群」と名付けたそうである。

 亭主関白型の夫と、自分を抑えて夫に従う妻という構図で、高圧的な夫に気持ち
を伝えられないため、精神的なストレスが体の弱い部分を攻撃するようだ。
 症状は、ストレスと強い関係のある高血圧や胃かいよう、十二指腸かいよう、気管
支ぜんそく、過敏性腸症候群などのほか、脱力感や冷や汗、震えなどが起きる
低血糖症候群や、ほかにも慢性肝炎とさまざまだ。


 黒川院長は「若いうちから夫婦で話し合い、お互いを思いやる関係を築いておけ
ば、主人在宅ストレス症候群は防げるはずです」と話している。


 この病気になる妻は、ある年齢以上、いわゆる古風な妻で、現代の妻は
患う事はなさそうだ。
むしろ、最近の夫婦では、逆に「鬼嫁ストレス症候群」の方が
多いかもしれないね^-^

 
[PR]
by yuutapopo | 2005-12-20 14:04 | ひとり言
以前の会社の先輩より版画を2枚頂きました。
c0007266_11113967.jpg
c0007266_1112073.jpg

この方からは、版画の年賀状を頂いていましたが、ご自身の退職後、
趣味で版画を続けていらっしゃいます。
趣味のある人って良いね。
[PR]
by yuutapopo | 2005-12-06 11:12 | 退職